無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月20日 (火)

肘の黒ずみ気づいてますか?

ひじ・ひざ・かかとのカサカサや黒ずみのお手入れしていますか?

いくらすてきなファッションに身をまとい、完ぺきなメイクをしても、ストッキングが伝線をするほどかかとがカサカサで黒ずんでいたんじゃ、百年の恋も冷めてしまいます。

角質が硬くなりやすいかかとやひじ、ひざは、自分ではあまり目につかない部分ですが、人からはよく見えるものなのです。

角質が硬くなるだけでなく、カサカサ・ガサガサになり、黒ずんできます。

ひどい人はかかとがひび割れてくることもあります。

普段からしっかりケアをして、いつどこで見られても恥ずかしくないようにしておきたいものですね。

ひじ・ひざの「ガサガサ」、かかとの「ガチガチ」の原因は「角質」です。

皮膚は、ひじやひざをつく、靴との摩擦といった外からの刺激から自分を守ろうと厚い角質を作ります。

特に、冬は乾燥するため、角質から水分が失われるため硬くなるのです。

そして、カサカサの黒ずんだひじ・ひざになっていくのです。

黒ずみを消す方法のサイト

また、外からの刺激によって角質は硬くなります。

例えば、

noteひじを机につくクセがある人はそれをやめる。

noteひざをなるべく畳や床につけないようにする。

note硬い革靴でなく、かかとをソフトに包む靴を履くなど。

毎日の心がけでも違います。

乾燥を防ぐ為には、常にひじ・ひざ、かかとを潤わせてあげることが最も大事です。

バストアップしたい人集まれ!
愛されボディへの道のり★バストアップしよう
目の周りの美容

2010年4月 5日 (月)

胸を大きくするには。

女性なら誰もがもが、胸をきれいにするためのケアや、バストアップに興味があると思います。
胸を大きくするには、バストのことをいろいろ知って、きちんと理解してからバストケアを始めましょう。

胸を作っているのは「乳腺」と「脂肪」で、人によって大きさや形はまちまちです。
また、脂肪が多ければ胸が大きいというわけでもなく、乳腺がどれだけ発達したのかで決まります。
その発達した乳腺を守るために、まわりに脂肪がつきます。
ですから、より発達した乳腺には、より多くの脂肪がつき胸が大きくなるのです♪

バストの基礎となる乳腺は、ホルモンのバランスによって発達に大きく影響するのです。
たとえば、過激なダイエットをしてバストの形が崩れたり、小さくなったという話を聞いたことがありますが、それは誤ったダイエットをした結果、ホルモンのバランスを崩し乳腺の発達に影響が出たということです。
バストの為にも、規則正しい生活リズムを整え、バランスの良い食事を心がけることが大切ですね。

バストアップについて詳しく知りたい方はコチラ

【大胸筋を鍛える】
バストを支える大事な役目をしている大胸筋は、バストの基礎でありとても重要な筋肉です。
きれいなバストを保つためには、大胸筋を鍛えたり、効果的なマッサージや運動が必要となってきます。
【肌を綺麗にする】
肌にツヤがあったり弾力があると、バストも美しく見えます。
肌の手入れのために、クリームやオイルを塗るときに、バストの周りもいっしょに手入れしたりマッサージなどをすると良いでしょう。
常に、肌やバストのケアを心がけることでずいぶん違ってくるはずです。

コスメで磨く!愛されボディへの道
ラブコスメで愛されBODY
バストアップしよう♪

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »